週末を美味しく japanese home cooking

手軽に安く美味しいものを自宅で食べる。

自宅でアヒージョ、カセットコンロとスキレットを使って。

 ウチでは、たまに自宅でアヒージョをやります。

うちのアフィージョ

道具は、カセットコンロとスキレット
今回使った食材は、オリーブオイル、にんにく、アンチョビの他に、
イワシ(青魚)、豚肉、牡蠣、ブロッコリー、ジャガイモ、玉ねぎ、プチトマト、シイタケ、インゲン豆、セロリなどです。 合わせるのは、バケット(フランスパン)です。

今回のアフィージョの材料

 他には、マッシュルーム、サバ、鶏肉、キャベツのざく切りなどもオススメです。
まずは食材を切ります。
まずは野菜から、野菜は一口大の倍ぐらいにカットします。カットしたのがこちらです。

カットした野菜

次に豚肉を5cm四方にカットし、イワシをさばきます。イワシは頭を包丁で落として、手でさばきます。下リンクの動画が参考になると思います。

鰯(いわし)のさばき方:手開き - How to filet Sardine by hand -|日本さばけるプロジェクト(海と日本プロジェクト) - YouTube
油で揚げるので、小骨などは気にせず、ワタと背骨だけをとって、三枚におろします。
豚肉と、イワシを捌いた写真がこちら。

下処理後の豚肉とイワシ

イワシは、春先ということもあり、白子と卵をお腹に抱えていたので、とっておきました。(上の写真の一番右側、実際食べてみましたが、味は美味というほどでは無かったです。次はないかも。) それと、牡蠣は念の為、冷水で洗いました。

 次はバケットです。今回はサバサンドが食べたくなったのがキッカケだったので、サンドイッチに出来るように切りました。

バケットをサンドウィッチ風に切る。

 それと、にんにくとアンチョビを刻んでスキレットに入れ、オリーブオイルに浸します。(唐辛子はお好みで。) 

スキレットにオリーブオイル、にんにく、アンチョビ(、唐辛子)を入れ、火を付ける。

 以上で準備は完了です。
あとは、思い思いの材料をオリーブオイルで揚げて、バケットに挟んで食べます。
食材を油から取り出すのは、我が家では”割り箸”を使っています。(フォークなどは扱いが不慣れなのと、木製の箸などは高温の油に入れることで痛むので、この方式をとってます。)

準備完了!あとは食べるだけの写真。

最初の写真とは別の鍋の写真、4,5分で揚がります。

スキレットでアヒージョの画

 ウチは4人家族でスキレットは直径20cm前後のものを2つ使用しています。
直径20cmで大人2人までは賄えるサイズだと思います。ダイソーとかで見かける、直径12cmのサイズだとサイズが足りないと思います。
メーカーは、一方がニトリ、一方がホームセンターで購入したものです。価格は、ニトリさんの方が安かったような気がします。

スキレット鍋通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

 コンロについては、どの家庭にも1台はカセットコンロがあると思いますが、2台目は、イワタニのアウトドア向けガスコンロ、「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー」を使っています。

イワタニHP:カセットガス“ジュニアコンパクトバーナー

アマゾンの販売サイト:イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

楽天の販売サイト:送料無料 岩谷産業(イワタニ) カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

 このガスバーナー、とても機能的で、折りたたむ事ができ、普通のカセットボンベが使用できます。(イワタニさんは、純正のカセットガスを推奨しているようです。※自己責任でご使用ください。) その他、ガスボンベの加熱が気になるので、こんなのを付けて使ったりしています。

ステンレス 遮熱板 イワタニ ジュニアバーナー 適合サイズ

以上、自宅でアヒージョでした。

 最近イワタニさんから、FORE WINDS マイクロキャンプストーブ FW-MS01という商品も出ているようです。

旧来のイワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBとの違いは、その”軽さ”のようです。重さと燃焼カロリーの比較は以下の通りです。

CB-JCB   本体の重さ:約274g 火力:2.7Kw (2,300kcal/h)
FW-MS01  本体の重さ:約186g 火力:2.3Kw(2,000kcal/h)

100gの違いは大きいですね。 登山用に開発されたのでしょうか。
参照元は以下のサイト(イワタニ i-corection)からです。

イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB / イワタニアイコレクト

FORE WINDS マイクロキャンプストーブ FW-MS01 / イワタニアイコレクト